沖縄エイサーとは

沖縄エイサー
スポンサーリンク




沖縄エイサーについて

沖縄のエイサーは、内地での盆踊りのように、8月から9月の間に、先祖の御霊を供養すると共に、地域に感謝を伝えるとして、沖縄本島の北部から中部、南部と各地域の青年団員が、それぞれの形を持った踊りや、太鼓などで地域を練り歩く行事です。
沖縄では旧盆の時期に盛大に、各地で太鼓の音が響きます。

エイサーの基本的な形

エイサーは、沖縄本島の各地域で形は違っていますが、ほとんどの形が、女性は踊り手で
男性がパーランクーと呼ばれる小太鼓の男性数十名と、大太鼓の男性数名に分かれて踊ります。男性陣が先頭で、その後に女性が続きます。これがどの地域も基本になっています。
沖縄エイサー

エイサーの太鼓の種類

太鼓は、大太鼓、パーランクー、締め太鼓の3種類で、大太鼓はエイサーグループの先頭に立ち、太い音で士気をを高め、パーランクーや締め太鼓は、拍子をとりながら、太鼓の重さを使いながらの演舞が、観客を楽しませるダイナミックさが見ものになります。
沖縄エイサー 太鼓
エイサーは、沖縄本島各地域での伝統的な形が、代々地域の青年部に受け継がれていくのが
基本になっていますが、今では県外などでの公演を行っているグループなどの、創作エイサーなどもあり、沖縄民謡以外のJPOPやロック、歌謡曲など、様々な楽曲に合わせたエイサーも登場しています。

沖縄ブームに乗り、沖縄の伝統的なエイサーが、色々な形に変わりながらも、エイサーとして生き続け、伝えられていくのは素晴らしく、沖縄のエイサーという文化が全国、全世界に伝わり、更に沖縄が発展していく大きな切掛けを作る、素晴らしい芸能文化と思います。
沖縄エイサー
ワンクリック
ご協力お願いします。
  ↓↓

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク