沖縄の魔除け シーサー とはなにか?

シーサー
スポンサーリンク




シーサーの目的

沖縄の魔除け シーサー とはなにか? 沖縄では魔除けの獅子をシーサーまたは、シーシと呼び、家屋の屋根や門柱の上、公共施設の入口などに置かれ、悪いものを遠ざけることを目的としておかれていて、シーサーの表情は、邪悪なものをにらみつけ遠ざけるために吼(ほ)えた姿になっている。

沖縄のシーサーはいつ頃から

沖縄の魔除け シーサー とはなにか?

沖縄ではシーサーといえば屋根獅子をイメージするのが一般的だが、もともとは城の門前や貴族の墓、あるいは集落の入口などに置かれたのが始まりで、屋根獅子として登場するのは明治になってからである。

球王国の頃から沖縄を見守り続けてきたシーサーのような獣像(じゅうぞう)を、安置(あんち)する習俗(しゅうぞく)は、シルクロードの全域で見受けられるが、沖縄のようにどこにいてもシーサーに出会える地域はめずらしい。 沖縄はまさに獅子の島なのである。

ワンクリック
ご協力お願いします。
  ↓↓

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク